海自妻ChyのHappy Life Guide~自衛官妻の日常、コッソリ教えます!~

恋愛・婚活、結婚、転勤、子育てなど海上自衛官の妻の日常を楽しく紹介していくブログです。

幹部自衛官の妻が全国転勤を楽しめるヒ・ミ・ツ!

time 2016/10/08

幹部自衛官の妻が全国転勤を楽しめるヒ・ミ・ツ!

海上自衛隊で働く幹部自衛官の夫と結婚して数年。

まだ結婚して5年も経たない我が家ですが、出会った時・結婚した時・子供が産まれた時と大きな節目を迎えるときは全て違う都道府県でした^^;

それを友達や親戚に話すと、大抵驚かれるかありえない!と笑われてしまいます。。

確かに毎年県が変わるほどの距離の引っ越しがあるなんて中々クレイジーですよね(笑)

私自身子供のころに何度か引っ越しは経験したことがありましたが、同じ市内や徒歩で行けるほどの近距離だったので最初は引越しがとても辛かったのが正直なところです。

でも不思議なもので今は次はいつ・どんな街に行くのか、ちょっと楽しみだったります♪

今回はそんな私が全国転勤を楽しめる秘訣を紹介したいと思います!^^

 地図アプリとグルメ情報サイトで下調べ

私は関西出身ですが、車などで日帰りでも行ける中国四国エリアへの転勤でもたくさんの習慣・文化の違いに驚く事が何度もありました。

だからこそ引っ越し先が決まると真っ先に住む予定のアパートや官舎の住所を入力し地図アプリで画像を確認します!

官舎は画像を先に見てしまうと古くてガッカリする事も無きにしも非ずですが、家賃など経済効果を考えるとそこは考えないのがスマートです。(笑)

そして家の場所が分かれば後は順に、

最寄駅(車がなければバス路線も)→病院・役所など公共施設→スーパーなどの買い物スポット→そしてグルメ情報を探しています!

当然ですが海上自衛隊の場合は大抵の基地が海の近くがほとんど。その地域ならではの新鮮な海産物がリーズナブルに食べられるのは魅力ですよ♪

公共施設・公的広報誌はこまめにチェックすべし

私自身子供が生まれるまでは、あまり公民館やカルチャーセンターなど公共施設や市区町村が発行している広報誌を読んだ事はありませんでした。

現在は新たな街で子供と自分だけではポツンとしてしまう事もあり、色んなところに出向く度にチラシをスマホで撮ったりして情報収集しています。

というのも、公共施設で行われている習い事やカルチャースクールはとても良心的な値段設定です!

ネットワークを広げる事はもちろんインターネットでもある程度可能ですが、実際地元で長く暮らしている方の活きた意見には劣ります。

子供が生まれる前だからこそ、ゆっくり時間を気にせず習い事やセミナーに行くのも楽しいです♪

もちろん産後はベビーマッサージやリトミックなど、子育て世代向けのものも多くあるのでそちらもオススメです^^

住む県の近隣県のレジャー施設を探す

海上自衛隊の基地があるところはほとんどの場所がへんぴな田舎です。

何もなくただただ軍港という雰囲気だったりするので、最初は物珍しさこそありますが慣れるとふーん。という感じですw

しかし住んでいるところだけが全てではないですよ☆

神奈川県の場合は都内や関東近郊、広島県にいるときは四国や関西方面によく遊びに行きました^^

これまで行ってみたいな~と思いつつも、飛行機や新幹線を乗り継いでいくのは遠いな・・・と諦めていたスポットにいけちゃいます♪

まだ九州と東北には行けていないため、未知の世界なので今後転勤になる日がとても楽しみです。

福利厚生サービスはフル活用!

自衛隊にはJTBグループが運営する、ベネフィットステーションという福利厚生サービスがあります!

以前はえらべる倶楽部というものでしたが、こちらに変わってからの方が個人的には活用しています。

メジャーなのは千葉県にある夢の国から、ご当地ならではのニッチなテーマパークまで沢山の施設の優待を受ける事が出来ます。

今まで何度か助かったのは、全国の色んな土地で行われる夫の同期の方の結婚式でのホテル宿泊予約でした。

防衛大を卒業した人は陸海空の各自衛隊に同期がいます。そのため基地・駐屯地など勤務先も様々・・・。

おめでたい事ですが立て続けに何度かあると、転勤も毎年あるので結構痛いです・・・^^;(笑)

しかしビジネスホテルなどは破格で予約出来るところもあったりするので、必見です☆

 

それではまた次回もお楽しみに~♪

めざせ!自衛隊の花嫁 | 自衛官婚活パーティ&出会い&結婚情報館

down

コメントする