イベント:きっかけは、駐屯地での夏祭り!

25歳女性

 

『駐屯地の夏祭りがあるんだけど行かない?』
と、女友達に言われて、陸上自衛隊の駐屯地の夏祭りに行きました。

 

自衛隊の敷地に入るのは、初めてで、テンションが高い人が多くて、圧倒されました。

 

そこで友達から『陸上自衛官の彼氏』を紹介されたのが、彼との出会いでした。

 

関西から来た彼は、面白い子で『見た目イマイチだけど、俺脱いだらすごいよ・・・腹筋が』と言って、私たちから笑いをとったりしてました。

 

面白い子だな〜って思いましたが、最初は、友達の彼氏ということで恋愛対象には、考えてませんでしたが、

 

『女友達のことで相談に乗って欲しい』と言われました。

 

彼曰く、彼女が浮気してるっぽいというのです。

 

『俺、捨てられるかも』

 

「そんなこと無いでしょう?」と打ち消したり、励ましたりしてるうちに意気投合してしまい、気が付くとよくデートするようになってました。

 

彼は、陸士という、自衛隊に入ったばかりの方の階級で、『営内』という駐屯地の中に住んでました。

 

夜に電話をしてるとラッパが鳴ったり、放送があって、その度に
『もう、この時間から電話できないから』と電話を切られました。』

 

そのうち、時計を見て、そろそろだね〜とお互いに話を切り上げれるようになっていきました。

 

また、廊下で話してるようで、『偉い人が通るから敬礼するね』と一旦通話をやめて、遠くで『お疲れ様です!』とかビシッとした彼の声が聞こえたりすることもありました。

 

また、夜のデートは、何日か前にならないと『外泊できるかわからない、届けも出さないといけない』という箱入り娘か?!という感じ
でとても面白かったです。

 

しかし、そういうことが友達にバレて、浮気してるのは、『実は、彼の方だけでした。』ということがわかり、夏祭りの花火のようにあっけなく終わりました。


このエントリーをはてなブックマークに追加

めざせ!自衛隊の花嫁 | 自衛官婚活パーティ&出会い&結婚情報館

page top