〜新婚旅行〜お互いの思い出が詰まったタイへ

私達夫婦は学生時代に共に別々の時期にタイに短期留学した経験がありました。その時の話がきっかけで仲良くなれた経緯があるので新婚旅行は迷わずタイを選びました!

 

新婚旅行,タイ

 

色んな雑誌やガイドブックを買い集め、どこに行こう?何を食べよう?とワクワクでした。

 

自衛官は職業柄、海外旅行に行くのが難しかったりします。と言うのも、自分がいつどこにどのくらい滞在するのかという事を明確に職場に伝えなくてはいけないのです。

 

私は行きたいところややりたい事を考えて浮かれる中、夫は必死に書類作成に追われていたのが民間企業出身の私にはとても不思議でした。どこまでも謎の多いお仕事です。

 

そんな準備を慌ただしく終え、家族にワンコを託しいざ関西国際空港へ…!

 

実家のある神戸から関西国際空港まではフェリーが出ており、そのルートが最短時間だった為チケットを取っていたのですが生憎の雨。

 

風も強く、欠航になってもおかしくない揺れで40分程の短い船旅にも関わらず私は完全に船酔いで座席とお手洗いを行ったり来たり…。(お食事中の方スミマセン。。)

 

真っ青な顔で手すりにぶら下がりながら移動中、完全に平衡感覚を失って転んだ衝撃でバッグの斜めがけの取っ手が壊れてしまい初日は踏んだり蹴ったりでした…。

 

そんなわたしを見かねて、サッとお手洗いから最短の席を確保してくれた夫の優しさには頭が上がりませんでした。

 

彼が普段働いてる護衛艦などの大型の艦はフェリーより大きい為揺れは少ないそうですが、慣れるまでは多くの方が船酔いを経験するそうで環境に適応出来るだけでも大変なお仕事だな…と身をもって(?)痛感しました。

 

そんな困難を乗り越え、肌寒くなり始める日本を後にし常夏のタイ・バンコクへ…!

 

初日はさすがに着いたのも夜だった為軽めの食事を近くの屋台やコンビニで調達し、ゆっくり休みました。

 

そして迎えた2日目は、朝からパクチーの効いた春雨スープやココナッツミルクのデザートなどタイらしい朝食をホテルで取りの〜んびりショッピングに出かけました☆

 

私達が宿泊したバークレイホテルプラトゥーナムの周辺は、大きなショッピングモールやマーケットも充実しているのでお買い物好きの方には本当にオススメです!

 

私自身行きがけにバッグが壊れていたので、旅先ですぐに可愛いバッグがリーズナブルに買えるお店がたくさんあったのは本当に助かりました(笑)

 

タイらしいゾウの可愛い小物や、アクセサリーやお菓子類などほとんどのお土産をこの日で買い終えることが出来た為残りの日はのんびり過ごす事が出来ました。

 

キレイな女性がいっぱい!!でも実は…

 

私がタイに次行ったら絶対に行きたい場所がありました。

 

そう、それは…ニューハーフショーです!

 

身近にニューハーフのお友達はいませんでしたが、知り合いのニューハーフの方がとっても綺麗でユニークな方だったのでいつかショーを観に行きたい気持ちがあったので念願叶って大満足でした。特にきらびやかな衣装と、様々な曲に合わせて踊るダンスは必見です。

 

夫の旧友との再会

 

タイ旅行3日目に急遽SNSで連絡が取れたので、夫の友人とその方の彼女さんと4人で食事に行きました。

 

海外に行くと中々料理の名前を聞いてもすぐにどんなものか分からず、注文をためらう事もありがちですがその方が色々説明してくださりとても楽しい時間となりました!

 

中でも今日本でもカフェごはんとして人気沸騰中のガパオライスは絶品でした。ただタイ人の方からすると、ガパオはお昼ごはんに食べる軽食のような食事だそうで晩ご飯にガパオって面白いね(笑)と笑われてしまいました!これにはとてもカルチャーショックでした。

 

渋滞大国・タイ!衝撃のパーキング事情

 

タイは渋滞が多い国として有名ですよね。特に通勤時間帯や、週末などは至る所で渋滞が起きていてビックリ。

 

私達が帰る最終日はちょうど週末だったのですが、夫の母校・防衛大学校に留学していたタイの海軍で働く友人・Sさんがウィークエンドマーケットに連れて行ってくれました。そこの駐車場に入るだけでも一苦労でしたが、何より入っても駐車スペースが一切空いていないのです。

 

すると、Sさんは車が並んでいるところに少しの隙間があるのを見つけると車を停めて降りました。

 

なんと、停車している車を押して移動させ、その隙間に駐車するというのです!私達夫婦は全く理解できず、どういう事?!??と戸惑いましたが、駐車場の至る所で普通に行われている事で驚きの連続でした。

 

ちなみに車は移動出来るように、鍵はつけたままor車止めをしてニュートラルのままにして置くそうです!

 

それで車は盗まれないの?と聞くと、まぁ時にはそんな事もあるよね(笑)と笑っていて、さすが微笑みの国・タイ人の方は温厚で優しいんだなぁ〜と感じた癒しの旅でした。

 

海自妻コラム

次のコラム:超高倍率?!自衛隊公認のお見合いパーティー・トーキングフェスティバル

前のコラム:結婚式準備は新婦の大仕事

めざせ!自衛隊の花嫁 | 自衛官婚活パーティ&出会い&結婚情報館

page top