長崎県の自衛官合コンに参加しました。

自衛隊,合コン,長崎

 

長崎県の友人に誘われて自衛官合コンに参加しました。

 

自衛官の男性はみなさん20代で7名、こちらは20代女子7名でした。

 

自衛官の方と言うとマッチョで日焼けしているようなイメージがあったのですが、参加した7名の方は、頭が丸刈りだったということもあってか、みなさんまるで高校球児のように見えました。

 

実際、そのなかの1人(仮にAさんとします)は、高校時代に野球部に所属していて、県大会の準優勝にまで進んだ経験があるそうです。私は、メガネが似合う、「鉄道好き」だというBさんといちばん長く話し込みました。

 

Bさんは鉄道好きなために鉄道業界を就職希望先に考えていたそうですが、九州ではなかなか鉄道業界の先行きが見通せないため、公務員で将来も安定する自衛隊を就職先に選んだそうです。車両関係の保守点検がおもな任務だと言っていました。

 

おかげで自分の車もかんたんな故障なら自分で直せてしまえるそうです。自衛隊はこういった実務の経験が身に着くところがいいですね。退官後もそうしたスキルを役立てて社会の中で活躍されている方も多いそうです。

 

私の父はもう定年を迎えましたが、そういったスキルがないのでいつも家でゴロゴロしたままです。自衛官の方のようにいろいろなスキルが身に着けばもっとイキイキとした老後を送れるだろうになあ、などと考えてしまいました。

 

Bさんの隣にいたCさんは「火つけの名人」だそうです。子どものころにボーイスカウトに所属していたためにやり方をおぼえたそうなのですが、自衛隊の野営研修などでそのスキルが役に立ったとのこと。

 

考えてみると、私の兄もボーイスカウトに所属していましたが、自衛隊の皆さんもそんな「少年の心を忘れない」人が多かったように感じました。

 

自衛官合コン、普段は合わない職種の人たちでしたので、とてもユニークな体験ができたと思います。

 

長崎の自衛隊情報


このエントリーをはてなブックマークに追加

めざせ!自衛隊の花嫁 | 自衛官婚活パーティ&出会い&結婚情報館

page top